Author Archives: info_5ajs2zb1

ちょっとリッチな気分になれるアロママッサージ

By   11月 22, 2016

旅行先の宿でアロママッサージを受けました。マッサージもアロマも初めてだったので緊張しました。カウンセリングではまず、簡単な個人情報の他に気になる症状について該当するものに丸をつける方式で記入しました。そのあとに、担当の方が瓶に入ったオイルのようなものをいくつか嗅がせてくれました。その瓶は6個くらいあったと思います。そして、それぞれ香りが違って、それぞれはいくつかの香りが混ぜてあるようでした。これはいかがですか、と2、3個嗅いでその中から好きなものを選びました。その後、個室へ案内され、紙パンツを渡され、着替え終わったらベッドへ寝ていてくださいと言われ、その通りにして待っていました。その後、マッサージが始まりました。今思えば緊張からだったのだと思いますが、くすぐったかったり、ちょっと痛みがあったりと、なんともこそばゆいままマッサージは終わってしまいました。とくにおなかがくすぐったかったのですが、それを伝えていいのかどうかわからず、結局我慢してしまいました。終わってからはハーブティーを飲みながら、お話をし、アロマをすすめられたので、気に入った香りを買って、アロママッサージを終えました。とてもきれいなお部屋で、カーテンで仕切られたとなりのベッドには、友達もいるのがわかったので、安心感はありました。ちょっとリッチな気分を味わいました。

トップページ

マッサージの痛みと効果にビックリ

By   10月 18, 2016

現在41歳男性会社員ですが、デスクワークや車の運転、趣味のゲーム等で同じ姿勢をすることが原因で肩こりがすごいんです。
そこでスーパー銭湯に行った時にマッサージをお願いしてもらったことがあります。

料金は30分3000円、少し高い感じもしましたがせっかくだしとやってみました。
やはり相手もプロだけあって、私の肩こりの具合をすぐ見抜き、そこに対応した部分を揉み解してくれたんです。
しかし途中から痛みへと変わりました。
右肩の筋肉を伸ばすために脇周辺を指で思いっきりつまみ、ひにきるようにしてくるんです。
そのうち胸付近の筋肉も引っ張るようになったんです。
胸といっても右胸の乳首周辺辺りまで揉み解すようにされました。
私は中年男性だし先生は若い女性なのでセクハラ的なものは感じませんでした。
とにかくものすごい痛くてそれどころじゃありませんでした。
結構痛いんですねと痛いことは告げましたが、全然手は緩まりません。

痛みにビックリしましたがその効果にもビックリしました。
施術は寝てる状態でされたんですが、起き上がって腕を動かしてみるとビックリするぐらい肩が軽いんです。
たまに友人に肩を揉んでもらったりしたことありますが、効果は別物でした。
高い値段出すだけのことはあると思いました。

トップページ

印象的なマッサージ

By   9月 29, 2016

40歳のサラリーマンです。
私は、学生時代、体育会系の運動部だったせいもあり学生時代からマッサージを体験することが多く、されていることが大好きでした。特に筋肉痛がなくてもマッサージをされている状態が好きなのです。
社会人になり、仕事仲間に私と同様に運動部出身者にマッサージ好きがいました。
その友人とマッサージ研究会というグループを作り、飲み会の後に必ずマッサージを受けていました。都内各地、出張時には全国各地、海外旅行に行った際にも様々なマッサージを体験してきました。
印象的だったマッサージは、セブ島での経験です。セブ島に住む友人の家に泊めてもらった際に、近くにいいマッサージ師がいるとのことで呼んでもらいました。目が見えない方でしたが、通貨レートの関係で、日本円で換算すると800円程度で、家に来てもらって2時間位やってくれるのです。
セブ島の景色、その時の気分もあり、最高に気持ちの良いマッサージでした。
赤坂のマッサージ屋も印象的でした。そのマッサージ店は、少し腰がいたい時に行きました。マッサージも上手なのですが、自宅で行う腰痛にならないトレーニング方法を結構な時間を使い教えてくれました。
その時は、少し不安感もありましたが、自宅で実践すると全く腰痛にならなくなりました。
そのトレーニング方法をネットで調べてみると、一流スポーツ選手の多くが取り組む体幹トレーニングの一種でした。

トップページ

全身マッサージと足マッサージ

By   8月 27, 2016

私は、全身マッサージと足マッサージを受けたことがあります。
全身マッサージを受けている時は、とても気持ちが良く、途中から必ずと言って良いほど眠くなってきて寝てしまうことが多いです。
そのため後半はどのようなマッサージを受けているのかが解らない時もあります。
特に寒い冬の季節には、身体が縮んでしまっており、マッサージを受けている時も力が入ってしまいます。
そのためなのか、翌日には身体が痛くなっていることもありました。
また、歩き疲れた際に足マッサージを受けたことがあるのですが、こちらは足湯に浸かったのちのマッサージでした。
足湯に浸かっているだけで、マッサージを受けなくても良いくらいリラックス効果がありました。
それから、足の裏のツボを指圧された時には、とても痛い箇所もありましたが、同じ箇所を数回指圧されているうちに痛みもなくなり、気持ちよくなってきました。
足の裏だけのマッサージではありましたが、身体全身もポカポカとしてきて足は第二の心臓とも言われる意味が解るような気がしました。
足マッサージでは、全身マッサージのように翌日身体が痛くなることもないですし、全身マッサージに比べると容易受けることができるので、私は足マッサージが気に入っています。

トップページ

ふくらはぎは第2の心臓といわれるとおり

By   7月 23, 2016

姉の勧めで姉がおごってくれるということで、18か19歳の時にマッサージを初体験しました。渋谷のビルの一角にあるこじんまりしたマッサージ屋で、韓国人とかのマッサージ師が割と多くいたお店でした。私をマッサージしてくれたのは韓国人の男性で、たどたどしい日本語で「痛くないか」と聞いてきてくれました。初めてのマッサージで痛いのは当たり前だと思っていたので、基本は「痛くない」と答えていました。だからといって後で痛みに苦しんだりしたこともなく、本当に血の巡りがよくなったという感じで肩の疲れもとれました。満足したといえば満足だったのですが、簡単な形で仕切られた狭い空間といい、やはり知らない人に体を触られることに関してあまり安心感はなく、こういった類のマッサージは苦手だというイメージがつきました。温泉とかどこか違ったゆったり広々とした所で、やはり女性にやってもらった方が安心があるのかもしれません。確かに男性の方が力があり気持ちいいのですが、落ち着く安心感をどちらかといえば求めているので、私にはそういったところの方が向いているのかもしれないと思いました。それか、姉が見よう見まねでやってくれるマッサージの方が好きだとも思えたので、家庭内でお金をかけずにわちゃわちゃとマッサージという遊びをする庶民的な人間なのかもしれません。

トップページ

ふくらはぎは第2の心臓といわれるとおり

By   6月 19, 2016

私が定期的に通っているマッサージのサロンにはカルフコースといってふくらはぎのマッサージのコースがあります。アロマオイルをつけて素肌に行う施術です。全身ではないので、サロンの短パンに履き替えるくらいで人目が気になるほどではありません。ふくらはぎに特化したコースは他にはあまりなくて、、。でもいつもふくらはぎって硬くて凝っていませんか?
ふくらはぎを刺激すると力強くポンプの役割を果たしてくれて、心臓へと血流がいきわたります。単に足が疲れているからふくらはぎコースを選ぶというのは私にはあまりなくて、むくみもとれるのでしょうが、むくみというのもそれほど感じたことがありませんが、ふくらはぎを刺激したら、全身の血流がスムーズに行くのか下半身だけではなくて肩凝りや首凝り、軽い頭痛まで軽減してきます。またごりごりと押すのではなくてアロマでなでるようにさすっていくのがいいのではないかと思います。
香りも大事なポイントですね。
ストレスから来る体の凝りにも効果ありありです。第2の心臓という通り、心臓の負担を軽くしてあげて免疫力を上げる効果も期待できるので病気の予防に役立ちますね。
ふくらはぎの表側と裏側どちらもやっていただけるのでとても体が軽くなり、助かっています。

トップページ

マッサージでパワーをもらう

By   5月 24, 2016

私はマッサージを受けると「手当」という言葉を思い出します。
人が怪我をすると「手当をする。」っていいますよね。
それは、人の手にパワーがあることを表していると思うんです。

私の知人に毎週マッサージを受けている人がいるのですが、
その人は一週間に一度元気になるパワーをもらうためにマッサージを受けているといっています。
だから「気」のきれいな人、元気のある人のマッサージしか受けないのだそう。
たしかにマッサージを受けると身体の調子がよくなるだけでなく、心の調子もよくなる気がします。

何度かマッサージを受けていると、マッサージする人の性格が結果に表れるような気がします。
優しく穏やかな人にマッサージしてもらうと全身がほわっとあたたかくなり、身体と一緒に心もほぐれていくように感じます。
逆に元気でエネルギッシュな人にマッサージしてもらうと、全身からパワーが満ち溢れるように感じたりします。
だから私は自分の疲れ具合に合わせて、マッサージしてくれる人を選んだりしています。
マッサージってただ身体をもみほぐしてもらっているだけとは、思えないんですよね。
人の手には不思議なパワーがあって、そのパワーをいただくのがマッサージだと思っています。

そろそろ気持ちが疲れてきたので、今回は穏やかな人のマッサージを受けに行こうかな。

トップページ

好みの担当者さんをみつけるのは難しいけど出会えた時は感動!

By   4月 26, 2016

私は昔から肩や肩甲骨まわりの凝りがひどく、辛くなってくると頭痛まで併発するので、ちょいちょいマッサージに通ってます。以前はリラクゼーションサロンにもよく通ってたのですが、施術が人によってかなりばらつきあり、ツボがぜんぜんはまらなかったり、気持ちよくない事が続いたので、個人的にリラクゼーションサロンはあまり利用しなくなりました。
整骨院とうたっているところは(それでも個人差ありますが)比較的当たりが多いという印象があります。
これも、好みの別れるところかもしれませんが、私は長押しするタイプのマッサージは好きじゃありません。指圧でグイグイグイグイされるのが好きなのです。
以前出逢った指圧師さんは、素晴らしい腕前の方でした。まず、さっと私の背中をひとなでしたあと、全体をこするように温め、指圧が始まると、触るとこ触るとこすべてツボに合致してるかんじで、脳天に気持ちよさが突き抜けるような感覚。指圧だけでなくストレッチというか、体の筋を剥がすような動作もこれまたモウレツに気持ちよく、あっという間の施術です。終わったあとの体の軽さは言うまでもなく。
その方に惚れ込んで結構長く通い続けていたのですが、私自身の環境がかわり、通えなくなってしまいました。
あの神業レベルのマッサージ師さんを越える人はまだ見つけられてません。

トップページ

手のひらのマッサージ

By   12月 31, 2015

手のひらは、マッサージをされるととても気持ちが良い部位のひとつです。手は、5本の指を緻密に動かすために細かな筋肉や筋が張り巡らされて、細い糸の存在にも気が付くほど研ぎ澄まされた感覚が備わっています。他の部位のようにコリを感じることはほとんど無く、酷使した後に筋肉の疲労を感じるくらいです。手のひらのマッサージを受ける機会はほとんどないですが、リラックス効果がとても高いうえに、指先の冷え解消にもつながるので、ぜひ試してみてほしいです。おすすめは他人にやってもらうことです。向かい合って座り、相手(マッサージをしてくれる人)の両手の小指を自分(マッサージをされる人)の親指と小指に絡ませます。指の股と股が触れ合うくらい深くつかむと良いでしょう。そのまま手のひらをぐっと開くように反らせ、相手の両方の親指でマッサージをしてもらいます。片方の手のひらのマッサージに、両手を使うので、自分ではできない方法です。いつも縮めている手のひらをぐっと開き、筋肉やその境目をマッサージしてもらうと本当に気持ちが良いです。特に親指の下にある発達した筋肉の部分(金星丘と言います)は、いつまでも揉んでいてもらいたいくらいです。

トップページ

マッサージは慎重にしてほしい

By   12月 30, 2015

私は腰痛持ちで、自然と普段の姿勢はそれをかばう格好になっているようです。
その負担は体のあちこちに症状が出てきます。
肩こりや足のだるさやむくみ等、お風呂や睡眠では疲れがとれず、マッサージに頼ります。
だいたい週一度の頻度で通っているのですが、時間がとれずに2週間ぶりに行くと
「あちこちむくみでパンパンですね」とお店の人に同情されてしまいました。
おかげでいつもの普通の施術ではなく、オイルマッサージを勧められました。
オイルマッサージは何度かやったことがあるのですが、腕や足のムダ毛を処理していないとなんとなく施術者に申し訳ないです。見た目汚らしくなってしまいそうで・・・。
オイルのベタつきが気になることもあるので、施術の後に出されるふき取り用おしぼりでゆっくりとふき取れる時間の余裕が無い時は厳しいです。
マッサージそのものの好みは、小さくコツコツと凝りをほぐしていくスタイルの人が好きです。
グイグイと痛む患部の真上を押す人は絶対嫌!例え力を弱めてもらっても、ちょっとでも加減が変わると痛いわけです。
痛みを何度も感じると体が勝手に強張ったり身構えたりするのでスッキリと凝りが取れた感じがしません。そこまで痛い部分は炎症を起こしている可能性が高いので、そこを押さえつけるようなマッサージは控えたほうがいいです。
上手な人は、「痛い」と感じる部分の周りの関節や筋からほぐしていきます。砂山をちょっとずつ崩すような感じで。
例えば肩なら、ストレッチを交えて可動で固さや痛みを確認しながら、首や背中や肩甲骨をほぐして、最後に一番痛そうな所を触るというくらい慎重さが欲しいです。
そんなに凝りを溜めてしまう私が悪いのかも知れませんが・・・。

トップページ