自宅へ出張マッサージを呼ぶ際は、必ずアロマコースを利用しています。なぜならアロマオイルを使用してマッサージしてくれるので、非常に気持ちが良いです。アロマ効果でリラックス効果もありますし、ほぼ裸になるために想像力が高まりより興奮しやすいです。
で、私の場合は3人くらいをローテーションで指名しています。理由は非常にシンプルで顔がタイプであり、セックスをするときもあるからです。エステティシャンもセックスをしたいタイプとそうでないタイプがいるようで、私の場合は2回に1回くらいしています。
足と背中のマッサージはうつ伏せで行うのですが、それが終わったら仰向けになります。そこでエステティシャンに股間を私の顔の前に持ってきてもらい、においを嗅いだり、舌先で刺激したりしてあげます。それだけでパンツがびしょぬれになり、準備完了です。エステティシャンはもちろんフェラをしてますので、すぐに挿入開始です。最初はコンドームをつけていましたが、性病も持っていないことがわかっていますので、生挿入です。生挿入の後はもちろん生中だしをしています。みんなピルを飲んでいるので、妊娠の心配もありませんし、安心です。アロママッサージを受けて、生中だしができる出張マッサージは最高です。

冷たいと思った東京で暮らして感じた東京の温かさ

私が子供のころの東京に対するイメージは最悪でした。
空はスモッグで煙って星は全然見えなくて、ネオンで空は赤く染まってる。
空気や水は汚くて人の心も汚くて冷たいので、田舎者と思われると騙されてしまう。
東京はそういうところだと思い込んでいました。
そんな私が地元の高校を卒業した後に、東京にある専門学校に新聞配達をしながら、2年間通うことになりました。
東京に出てまもなくのころ、新聞配達の途中にある方の庭を見たらすみれが咲いていました。
私は花ではすみれが好きなのですが、東京には自然がないと思っていた私は、東京でもすみれが咲くんだと驚きました。
そう思って周りを意識して見ていくと、自然公園などがあったりして、意外に自然が多い事に気がつきました。
夜空も全く星が見えないと思っていたのが、天頂付近に星を見たときは、田舎で見ていたような降ってくるような満天の星ではないにしても、星が見えるという事実に、東京に対するイメージが変わっていきました。
新聞配達では、配達だけではなくて集金もしていたのですが、結構気さくに話しかけてくれる人が多くて、お菓子をいただける方が数人いました。
二年間配達していて、毎月欠かさずその数人の誰かが必ずお菓子をいただけていたり、トランプをしているので一緒にしないかと誘われたり、イギリスの旅行土産でドロップをいただいたりして、東京の人は意外に優しいと痛感しました。
それから20年以上東京で暮らしていましたが、東京という言葉を聞くと、懐かしいような温かいイメージを抱くようになりました。

トップページ